ギャラリーみなみ野    電話 042-683-2234


米 治一(管理番号:185121)の作品詳細


   戻る




画像

"

  




""   戻る




作品について


管理番号
185121
作者
米 治一
作品名
無我童子
技法
ブロンズ像
サイン
裏に刻印
作品サイズ
高さ:約29p x 16 x 10cm
作品コンディション
金メッキの変色があります
無し




真作保証期間
有り。真作ですが万が一、所定鑑定家に贋作判定された場合にはお買い上げ日から保証期間(2年間)内にご連絡いただければご返品・ご返金に応じます。
作者略歴 明治29年生まれ
大正10年 東京美術学校彫刻科 彫塑研究科卒業後帰高し、制
       作活動に入る 。高村光雲に師事
大正13年 摂政宮殿下「菅公」お買上
昭和17年 文展入選
昭和38年 高岡市民功労賞表彰受賞
昭和39年 皇居二重橋橋桁の龍唐草及照明台の原型製作
昭和41年 皇居新宮殿屋上瑞鳥の原型製作
昭和43年 富山県功労者表彰受賞
昭和46年 勲五等雙光旭日章受賞
作者作品の所蔵先
作者作品の所在地:二上山の大伴家持像、高岡駅前の大伴家持
と乙女の像、高岡古城公園本丸広場の前田利長騎馬像、有礒正
八幡宮の右大臣左大臣像、高峰公園の高峰譲吉像、福岡県JR博
多駅前の黒田武士像、和歌山県田辺市湊の弁慶像、岩手県水沢
公園の後藤新平像、福岡県JR小倉駅前の祇園太鼓像、福井県
永平寺の一葉観音像、長野県野尻湖の金龍銀龍、皇居二重橋の
勾欄照明塔、皇居新宮殿屋上の瑞鳥


備考

作者の外部リンクについてはこちらをご参照ください。



   戻る