ギャラリーみなみ野     電話 042-683-2234


福王寺法林(管理番号:185153)の作品詳細


   戻る




画像

"

"

 

 

 

   



  ""   戻る

 




作品について


管理番号
185153
作者
福王寺法林
作品名
高原への道
技法
紙本彩色
サイン
右下に落款、印章 裏に共シール
作品サイズ
53×72.7cm   日本画20号
額サイズ
74.5×94.3cm
作品コンディション
概ね良好。
額コンディション
若干のすれあり。
タトウ箱
真作保証期間
有り。真作ですが万が一、所定鑑定家に贋作判定された場合にはお買い上げ日から保証期間(2年間)内にご連絡いただければご返品・ご返金に応じます。
作者略歴 1920年11月10日、米沢市に生まれる。
1927年、6歳のときに左眼を失明する。
1929年、上村廣成に師事し日本画を学ぶ。
1936年、画家を志して上京する。
1941年、召集され、中国に出征する。
1946年、復員し、院展に出展する。
1949年、作品「山村風景」が日本美術院展覧会に初入選する。
1953年、東京都三鷹市に転居し本格的に絵画制作に取り組む。
1960年、作品「北の海」が日本美術院賞・大観賞を受賞する。
1974年、幼い頃からの夢であったヒマラヤへの取材旅行を始め、
     これ以降、ヒマラヤを扱った作品が多くなる。
1977年、作品「ヒマラヤ連峰」で、第27回芸術選奨文部大臣賞を
      受賞する。
1984年、作品「ヒマラヤの花」で日本芸術院賞を受賞する[1]。
1994年、日本芸術院会員。
1997年、勲三等瑞宝章受章。
1998年、文化功労者顕彰受賞。
2004年、文化勲章受章。
2004年、米沢市名誉市民顕彰受賞。
2005年、山形県名誉県民顕彰受賞。
2012年2月21日、心不全のため死去[2]。91歳没。叙従三位
作者作品の作品の所蔵先
東京国立近代美術館、神奈川県立近代美術館、山形美術館、他


備考

作者の外部リンクについてはこちらをご参照ください。

   戻る