ギャラリーみなみ野     電話 042-683-2234


橋本関雪(管理番号:185130)の作品詳細


   戻る




画像

"

"

 


         


 


 


          


   

  

 

  ""   戻る

 




作品について


管理番号
185130
作者
橋本関雪
作品名
江邨帰棹
掛軸内容
紙本・墨彩、共箱、二重箱
サイン(落款・印章・共箱)
落款、印章 共箱
本誌サイズ
144 x 27.5cm
全体サイズ
205 x 40.5cm
作品コンディション
本紙には所々に若干の薄シミがありますが概ね良好です。
軸装コンディション
軸表の状態は良好です。裏天には少しシミが見られます。
鑑定証書 付いておりませんが、所定鑑定機関の鑑定証書の取得を保証します
(お客様費用負担)。
真作保証期間
真作保証品ですので、万が一、所定鑑定家に贋作判定された場合
にはお買い上げ日から保証期間(2年間)内にご連絡いただければ
ご返品・ご返金に応じます。
作者略歴 1883年(明治16年)11月10日 神戸市に生まれる。
1903年(明治36年)、竹内栖鳳の竹杖会(ちくじょうかい)に入る
1913年(大正2年)と1914年(大正3年)の文展で二等賞。
1916年(大正5年)と1917年(大正6年)の文展で特選を受賞。帝展
         審査員を務める
1934年(昭和9年)12月3日、帝室技芸員に選ばれる
1935年(昭和10年)に帝国美術院、
1937年(昭和12年)に帝国芸術院会員となる。
1940年(昭和20年)、建仁寺襖絵を製作。
1945年(昭和20年)に没し画号の由来となった逢坂の関 のあった
         滋賀県大津市の別邸・走井居(月心寺)の墓地に眠る。
作者作品の作品の所蔵先
・ 東京国立近代美術館蔵、琵琶行(1910年)
・ 川村記念美術館蔵、遅日(1913年)
・ 足立美術館蔵 南国(1914年)
・ 姫路市立美術館蔵、猟(1915年)
・ 白沙村荘 橋本関雪記念館蔵 寒山拾得(1917年)
・ 林原美術館蔵、木蘭(1918年)
・ 川村記念美術館蔵 意馬心猿(1928年)
・ 京都国立近代美術館蔵、長恨歌(1929年)
・ 京都市美術館蔵 玄猿(1933年)
・ 東京芸術大学大学美術館蔵、暮韻(1934年)
・ 宮内庁三の丸尚蔵館蔵、唐犬図(1936年)
・ 大阪市立美術館蔵、防空壕(1942年)、
・ 香妃戎装(1944年)
・ 衆議院蔵


備考

 
作者の外部リンクについてはこちらをご参照ください。

   戻る